駅伝も始まって

富士市では、先日、富士市中体連駅伝大会がありました。

他、県内各地においても、駅伝大会が始まってきましたね。

県大会はもちろん、東海、全国へとつながる駅伝大会もあるので

長距離選手にとっては、楽しみな季節となりました。

でも、駅伝は、長距離選手だけのものではありませんよ。

もしかしたら、短距離をやっていても

駅伝を、駅伝の練習をさせてもらえるチャンスが来ることがあります。

学校の体力テストで1500mや1000mを計ったら

校内での順位が高く、そのまま駅伝選手に・・・・

というパターンもありますね。

過去にも、AC富士の短距離選手で、富士市中体連駅伝を走った子もいます。

どれだけ日々の学校体育をがんばっているか・・・・も大事ですね。

短距離選手だから、長距離はやらない・・・・

という思い込みを持ってしまうと

自分の可能性を閉じ込めてしまうことになります。

どんな選手も

負けず嫌いな気持ち

チャレンジする気持ち

この二つの気持ちを持ち続けることができれば

自分の可能性を開くチャンスがいつか必ずやってきます。

なので、自分にやってきたチャンスは、絶対につかんでくださいね。

その種目が、自分のやりたかった種目とは違っても

やってみたらおもしろいかもしれない。

やってみたら、自分に向いているかもしれない。

そう思ってチャレンジですよ。


駅伝・・・・・。

練習はとても苦しいです。

私も走ったことがありますが

襷・・・・・とてもとても重く感じます。

襷は実際にはそんなに重くないのは、分かりますよね?

でも、苦しみながら運んできた、仲間たちの気持ちが

重圧が・・・・・。

リレーのバトンも、もちろんみんなの願いがこもって

受け継いできてくれたバトンなので、大事なんですが・・・

それとは違う、距離の長さが重さになっているというか、何というか

とにかく、たった一人にだって抜かれたくない

そう思わせる襷の重み。。。。

駅伝を走ったことがある人なら分かりますよね。

だからこそ、駅伝は魅力があり、人々をひきつけ、感動してしまう。

そんな素敵な駅伝、走ってみたくないですか?



短距離選手だから走れない・・・・なんてことはないんです。

もし、先生から「駅伝の練習をやりたい人はいますか?」

と聞かれたら、迷わず「はい!」と手をあげてみましょう。

そこから何かが始まるかも・・・・。

もし、先生に、何も聞かれなかったら

自分から「先生、駅伝の練習を一緒にやらせてください」

と言ってみましょう。

やる気があるな・・・と思ってもらえるチャンスを作ることになりますよ。

どんなことも、自分から積極的にチャレンジさせてください。。。と言ってみること。

でも、自分で言い出した事には、きっちりと責任を取ってください

「やりたい」と言い出して始めたのに途中で

「やっぱり無理です」

となってしまっては、二度とチャンスなどやってきませんよ。

信頼を、期待を裏切ることになります。

自分で言った発言には責任をもちやり通す

これが大事です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
特定非営利活動法人(NPO法人) 
スポウエルアスリートクラブ    


電話・FAX 055ー939ー1700 
Mail  info@spowell-ac.com  
  

 ・・・ 問い合わせはお気軽に! お待ちしています♪・・・ 
ホームページアドレス 
http://www.spowell-ac.com/ 
ブログ 
http://spowellac2013.blog.fc2.com/ 
携帯版ホームページ 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/spowell-ac/ 

Facebook 
https://www.facebook.com/spowellac2013

コメントの投稿

非公開コメント

AC COUNTER
プロフィール

SPOWELL-AC

Author:SPOWELL-AC
☎FAXともに
 055-939-1700
mail
 info@spowell-ac.com

最新記事
カテゴリ
携帯の方はこちらから
QR
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク