12月5日(月)

こんばんは。

昨日は「M1グランプリ」がありましたね。

漫才の日本一を決める大会です。

いわば、全国大会ですね。

私は毎年楽しみにしているのですが

見た人はいますか?

今年のM1グランプリは、レベルが高かったですね

決勝に残った全ての漫才が面白かったと思います。

ん?陸上なのに漫才の話???

いやいや、レベルが高い・・・・・・陸上競技の大会でもよくあることですよね。

特に、高校生のインターハイ出場をかけた東海大会などは

その年によって、レベルが高かったりラッキーな年があったり・・・・。

同じ100mの記録でも、去年のレベルならインターハイに行けた記録なのに

今年は行けなかった・・・・・ということもざらにあります。

また、他の地域なら、出場できた記録なのに、ここではだめだった・・・

ということもありますね。

同じ高校生、同じ記録なのに、インターハイに出場できる人とできない人が出てきます

不平等な感じもしますし、難しいですね。

でも、与えられた舞台で6位に入ること・・・・・

それが全国共通で平等に決められています。

そして、高校生がインターハイ出場を決める難しさがもう1つあります。

それは、チャンスが1年に1回しかないこと

二種目出れば二回チャンスはありますが

100mでインターハイに出場したいと思えば

たった年に1回の東海大会で6位に入賞しなければならないことです。

漫才のM1グランプリも1年に1回きりのチャンスですね。

でもM1グランプリは、15年間出場資格がありますが

インターハイ出場資格はたったの3年間。

難しいわけです。

中学生はというと

全国標準記録があり、それを突破すれば何人でも全国大会に出場できます。

この全国標準記録というものが、結構高めに設定されているようにも思えますが

ここは中学生。

全国全ての中学生に平等に与えられた出場枠になっています。

レベルの高い・低いに関わらず、一定の記録を出した人に全国大会の切符が与えられる

何ともすばらしい、平等に与えられたチャンスです。

しかも、切符を得るチャンスが2回ある・・・というところも

中学生ということを考えた配慮なのかな?と思います。


と・・・・、12月に何を言っているのか・・・・と思うかもしれませんが

この冬期練習から、すでに全国大会への戦いが始まっているということを言いたかったのです。

中学3年生にとっては高校入学が目先の目標として立ちはだかっていますが

その先の、厳しいインターハイに向けての目標も忘れないでくださいね。

今、やるべきことは何ですか?

意識して、日々の生活にトレーニングを入れていきましょう。

毎年言っていますが、

ほんの5分だけでもいいのです。

いや、1分だけでもいい。

自分の身体と向き合う時間を作ってください。

それが、自分の力になることは、間違いありません。

未来の自分のために、今できることを精一杯やっていきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
特定非営利活動法人(NPO法人) 
スポウエルアスリートクラブ    

電話・FAX 055ー939ー1700 
Mail  info@spowell-ac.com  
  

 ・・・ 問い合わせはお気軽に! お待ちしています♪・・・ 
ホームページアドレス 
http://www.spowell-ac.com/ 
ブログ 
http://spowellac2013.blog.fc2.com/ 
携帯版ホームページ 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/spowell-ac/ 

Facebook 
https://www.facebook.com/spowellac2013   

コメントの投稿

非公開コメント

AC COUNTER
プロフィール

SPOWELL-AC

Author:SPOWELL-AC
☎FAXともに
 055-939-1700
mail
 info@spowell-ac.com

最新記事
カテゴリ
携帯の方はこちらから
QR
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク